読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IKIGAI

孤高の哲学について あるいは「幸せの翼が羽ばたく時」

九十九里浜

9月12日 土曜日 千葉県 白子町にて

久しぶりに彼女と一緒に時間を過ごした。

夕暮れ時 背中に夕陽を受けて、夕映えする東の海を見ていた。

二ヶ月ぶりのキス 貪るように吸いあった。

何度もセックスをした。何度も彼女の膣に精液を流し込んだ。

幸せな時間だった。

f:id:superp:20150916070149j:image