読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IKIGAI

孤高の哲学について あるいは「幸せの翼が羽ばたく時」

女子高生


f:id:superp:20151023090845j:image
今朝の夢

色とりどりの制服の女子高生達の集団がいた。

様々な色 おしゃべりをしている。

不思議な夢。

ああ、これは夢なんだ。と気づきながら、夢から現実へと移っていった。いつ目覚めたのかよくわからない。

寒くなってくると目が乾きやすい。目薬を射した。

あの夢はなんだったのだろう。そう思いながら、冷たい滴が眼球に沁みた。

M子が女子高生だった頃
どんなだったのだろう。

そんなことを思いながら、M子との計画を再考した。

私はM子の声が好きだ。
M子がラジオ番組をやってみたいと言っていた。

M子のためのラジオ番組の台本を書かなければな。

夢を語り、夢を叶える番組だ。
その番組で恋をしたり、夢を見たり。ときには思いっきり笑ったり。

楽しくておしゃれな番組にしたい。