読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IKIGAI

孤高の哲学について あるいは「幸せの翼が羽ばたく時」

永遠のゼロ

ラストシーン 主人公による特攻が成功したと思わせるような描写で終わるのだが、この描写は必要なのだろうか? 主人公の最期の姿を見た者は、誰もいないことになっているのに何故これを描くのか? 最後の最後で不愉快な気分にさせられる。 どうしても 勇ましい…

ポリローグ

《ポリローグ》というのは新語です。これによって私が示したいと思ったのは、私たちを成り立たせている「ロゴス」が、ひとつの全体あるいは総体という首尾一貫性をもってはおらず、複数の論理(ロゴス)へと細分されているということ、それら複数の論理が、…

生命の尊厳とは何か①

荻野久作 / 産婦人科医 / 受胎期の発見 / その時歴... 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus 大正時代 まだ女性の平均寿命が43歳だった頃。 果敢に生命と向き合ったある医師の物語。 世界のオギノ 最も尊敬すべき一人である。

表現したいこと

今この瞬間に自分が悩んだことや、揺さぶられる感情を吐き出したい。そうしなければ、苦しくてたまらないからだ。人はいろいろな目的で表現する。わかって欲しい自分がいる。そんな、どうでもいい理由を考えてみても仕方がない。いまこうして書いていても苦しくてた…

カタルシス

こらえきれず、堰を切ったように溢れ出す涙泣くことで解放される快感怖くてたまらないことから逃げることもある。勇気がない。そう見下されるなら、そうかもしれない。人は悲しいから泣きたいのだろうか。ただ泣きたい。そういうこともある。どうしようもない理不尽…

エウレカセブンAO

エウレカセブンAOを見始めた。 青い髪の少年。さてさて

「紅白とスター・ウォーズ考」

大みそかに紅白歌合戦をぼんやりと眺めていたとき、少し前にこれとまったく同じような違和感を覚えたことを思い出した。それは新宿のシネマコンプレックスで「スター・ウォーズ フォースの覚醒」を観賞したときだ。 私が感じた両者に共通する違和感とは要す…

胸に残る言葉

ひとりで見る夢は夢でしかない。 しかし誰かと見る夢は現実だ。 オノ・ヨーコ

マンガ「監獄学園(プリズンスクール)」が爆笑すぎる!!

久々に笑って笑って笑いが止まらないマンガに出会ってしまった。。 これは強烈だ。 とにかく読んで欲しい。深夜ドラマとか、アニメもあるらしいが、やはりマンガがいい。だめだ・・・これは、読むしかない。 下記、参照のこと。面白さを説明しようかと思ったの…

恐怖と暴力

人は弱い。 ただ死に震える存在でしかない。 生まれて死ぬまでその僅かな瞬間をただ生きて、震えている。 消費主義社会の洗礼を受けた大人たちが、また次世代を担う子達を洗脳していく再生産。 思考をなくした子供たちは「普通」であることを強要され、それ…

速くできるだけ速く

疾走する心 スピードのある流線 飛び交う光線 血 あるいは 生々しい 生命の躍動 僕は急いでいる ひたすらただひたすら 望んでいる虚無 終わりかもしれない いやそうは考えない ただひたすらにひたすらに 心のままに

一歩ずつ一歩ずつ

朝はいつもの自転車 江東区の自宅から新宿区の事務所まで 午前10時の光がまぶしい。 アマゾンアフィリエイトに登録してみたよ

午前11時の陽射し

10月も終わりに近づき、ずいぶん冷え込んできた。 それでも11時の陽射しは、眩しい。 1時間も自転車を漕ぐと、暑くなってくる。 よく澄みきった秋の青空。雲一つない。 --------------------- 昨日の午後も、のんびりと自転車散歩。 日曜の昼下がり のどかな…

女子高生

今朝の夢色とりどりの制服の女子高生達の集団がいた。様々な色 おしゃべりをしている。不思議な夢。ああ、これは夢なんだ。と気づきながら、夢から現実へと移っていった。いつ目覚めたのかよくわからない。寒くなってくると目が乾きやすい。目薬を射した。あの夢はなん…

自転車を漕ぎながら考えたこと。

気候のよい頃は、いつも自転車に乗っている。仕事場まで約1時間15分程度。距離にすると15㎞ほどあるのだろうか。その間、足はひたすら動いているのだが、いろいろなことを考える。M子のこと。彼女との出会いで、男として復活してきた。その軌跡がこのブログ…

自慰

さっき 風呂で自家射精を試みた。M子とのセックスを思い出していた。途中まで、M子の膣に挿入した感覚を思いだし、自ら欲情し固くなり、M子の膣内に射精する放出感を振り返り、再現しようと試みた。そのまま射精しようと思った。しかし、現実は自分の指で…

赤いピーマン!!

知らなかった・・・。 赤いピーマンって、完熟したピーマンだった。別の品種じゃなかったんだ。 しかも、ピーマンは唐辛子の一品種だったとは!? ピーマン - Wikipedia

夢分析

7月に見た夢 夢占い な行 亡くなった人が生き返る夢は・・・復活を表します。あきらめていたことがうまくいったり、失った愛情を取り戻すことができる前触れ。 階段を登っていた場合の意味は もしも階段を登っていた場合ですが、階段のステップはひとつひと…

M子との出会い

M子とはじめに会ったのは今年の2月だった。 はじめて会う前から、愛し合っていたのだろうか? そうとは言えないが、そうとも言える。 半分本気で半分戯れだった。 それは「恋人ごっこ」から始まった。 「恋人ごっこしませんか?」 他愛もないネットコミュニケー…

もののあわれ

儚さ滅び行く様を美と感じる感受性メランコリー日本的情緒うら若き乙女が暴力でなし崩しに性行為に応じさせられる。その多くがセーラー服の美少女である。繰り返し量産される日本のポルノ女の涙苦悶の表情男子の性的妄想の多くは、女性への暴力を伴う。南京事件…

これは妄想ではない。予感である。

朝8時30分には起床する。朝食は、お茶漬けを食べる。歯を磨いて、髭を剃る。自転車で仕事場である個人事務所に向かう。そこには愛人のM子が待っている。M子とその部屋でブログを書いたりしている。お昼はM子と外食したり、ときには一緒に手作りご飯を楽しむ。昼御飯の…

永遠

www.dailymotion.com 「永遠」ZARD 歌:ZARD 作詞:坂井泉水 作曲:徳永暁人 朱い果実を見たら私のことを思い出してくださいあなたの決心が固まったら…きらきらとガラスの紛になってこのまま消えてしまいましょう誰も知らない楽園へ 今の二人の間に 永遠…

精力的に

男の元気の源それは女性に愛されることで、体内に沸き上がる射精欲精液は三日で満タンになるのだという。今朝、朝勃ちしていたので、そのまま自慰をしてみた。しかし、射精には至らなかった。質の良い精子を維持するには、射精回数を増やす方がよい。それはわかるのだ…

九十九里浜

9月12日 土曜日 千葉県 白子町にて久しぶりに彼女と一緒に時間を過ごした。夕暮れ時 背中に夕陽を受けて、夕映えする東の海を見ていた。二ヶ月ぶりのキス 貪るように吸いあった。何度もセックスをした。何度も彼女の膣に精液を流し込んだ。幸せな時間だった。

傷ついても優しさを生きよう

尾崎豊「僕が僕であるために」 youtu.be 歌詞から引用 ♪優しさを口にすれば人は皆傷ついてゆく 僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない♪ 優しい人間は傷つきやすい。そうだと思う。 今この世界では、至る所で暴力が溢れている。 それでも人々は暴力に抗い…

もう一度

繰り返される毎日流されていく日々ふと立ち止まる。大事なものを見失ったような気がしてもう一度大事なものを探してみよう。真夏の太陽の下、うんざりしたダルさから身体を起こそう。

スミノフウォッカ

「暑い」一日何度、呟くのだろうか?窓の外を見ると真っ白な光線が降り注いでる。世界が真っ白に見える。思考も止まり、世界も止まっている。こんな日がもう一週間も続いてる。ただ、炭酸水がシュワーっと、喉に流れ込む。この快楽だけが生きている幸せなの…

何もしない時間

7/13以来、何も書いていなかった。特に書かないことにこだわりがあったわけではない。ただ静観する時間も必要なのだと思う。毎日毎日流れていく時間その中で、確実に何かを得ている。得たものは、どんな小さなものでも、ここに著していこうと思う。そうしな…

コンドームをしない。

<a href="http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20120826/Gowmagazine_00002180.html" data-mce-href="http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20120826/Gowmagazine_00002180.html">「コンドームなしのセックス」は女性の健康にいいことが判明!? - エキサイトニュース</a> 近頃では、避妊だけでなく、性病予防の目的からもコンドームの使用が義務のように言われる。 しかし、常識的な男性は信頼関係のある特定の女性としかセックスはしないも…

長い雨

よく降る雨だ。もうずっと降っている。うんざりだな。 梅雨だから仕方ないよ。そうは言ってみるものの、気分もすぐれない。はやく、日の光を浴びて、のびのび体を動かしたい。

夢を見ていた・・・

三年前に亡くなった母の夢を見た。病気で亡くなった筈の母が、まだ生きていた。母は引っ越しをしたらしい。新しい家に引っ越していた。新しいといっても中古の家なのだが。大きな石段に、小さな石の置物を並べていた。(それがその家の庭にあるのか?意味不明だが。)…

シンプルに生きる

本当に必要なものは何か。日常で溜まった汚れや、不要なガラクタが散らかったままでいる。そのまま放置しておくと、自分の心まで不要なごみでいっぱいになる。片付けよう。シンプルに生きよう。

「草食男子とセックスレスが増えた本当の理由5つ」という記事を読んで

草食男子とセックスレスが増えた本当の理由5つ【前篇】 - LAURIER (ローリエ) 草食男子とセックスレスが増えた本当の理由5つ【後篇】 - LAURIER (ローリエ) 男子の性欲のすさまじさを理解しようとした思索の痕跡がとても面白かった。 以下引用する。 ----- ■…

苛まれる性衝動

男子の性衝動の凄まじさ。このケダモノを抑えつける苦しさ。 時に狂いそうになりながら、いつでも爆発し暴走しそうな性欲と共存しながら生き続けている。 この男子の苦しみを女子は、あまり理解していない。 昂ぶる衝動が、実際にペニスの勃起とともに表れ、…

匿名なのだから

あえて、本名では話しづらいことを書こう。 今日で三度目。 やっぱり正直に書けばいい。 私は50歳の既婚男子。 現在、未婚の三十代半ばの女子と不倫関係の遠距離交際をしてる。 二ヶ月に一度の逢引が三度続いている。 ほぼ毎日ラインで音声通話で話している。…

まだ何を書くのか決まっていない。

今日で二回目のブログだ。ブログ主のキャラクター設定もまだ決まっていない。いや思い出した。実はこのブログは魂の繋がったある人との出会いから始めることになったのだ。その人とこんなブログにしようとか、いろいろ話し合った。その中で出てきたブログ主…

今日から始まる

今日から始まる。人生50年経て、いよいよ本格的に始動する。準備期間に過ぎなかった昨日までのことはもういいのだ。これから始まるのだ。恋もするし、歌も歌う。遊びもするし、酒も呑む。楽しい人生の始まりだ。何を躊躇うことがあろうか。燃えている。いつになく燃え…